がん登録
栃木県の取り組み

がん登録には1)「特定人口集団におけるがん患者のすべてを把握し、罹患から治癒もしくは死亡に至る全経過の情報を集め、保管、整理、解析すること」を目的とする「地域がん登録・全国がん登録」と、2) 医療機関単位で行う「院内がん登録」があります。1)地域がん登録・全国がん登録は、地域住民すべてを対象に行うもので、これをもとにわが国のがんの罹患、死亡、生存率等の情報を提供し、解析が行なわれています。2016年罹患症例からは法律のもと実施されています。栃木県では1993年より地域がん登録が開始され、2016年4月からは県より登録事業を県立がんセンターに委任され作業が進められています。2)院内がん登録は各医療機関のがん診療の実態把握、治療成績の把握のために行います。院内がん登録はがん診療連携拠点病院には必須とされるもので、全国のがん診療連携拠点病院の診療データは、毎年、国立がん研究センターに集められ集計、報告されています。

地域がん登録・全国がん登録について
  • 栃木県の地域がん登録
  • 全国がん罹患モニタリング集計
  • 地域がん登録全国協議会

    特定非営利活動法人 地域がん登録全国協議会は平成4年12月に創立され、広く国民に対して、がん登録によるがん罹患、死亡、生存率等の情報を提供するとともに、公開セミナーや学術セミナー、調査及び研究、がん登録に関与する人材の育成等を行い、地方公共団体の実施する地域がん登録事業の充実・発展を支援する事業を通して、国民の保健、医療、療養の増進と、わが国のがん対策の推進に寄与することを目的として活動しています。
    ・がんの統計

      がんの統計がんに関する主要なデータを収録した統計書は、がん研究振興財団発行のがんの統計(2015年版)が参考となります。
院内がん登録について

全国のがん診療連携拠点病院において、1)各がん種、進行度、その治療の分布を把握し、国や都道府県のがん対策に役立てる、2)各施設が全国と比較した自施設のがん診療状況を把握し、がん診療の方向性等を検討する、ことを目的に、その基礎資料として院内がん登録の データを集計した報告書です。2007年罹患症例から5年相対生存率を報告しています。

全国がん(成人病)センター協議会(全がん協)加盟施設の生存率共同調査
全がん協には、全国でがん診療を専門とする32の医療機関が加盟しています。地域のがん診療を推進することに加え、がん医療に十分な実績を有する専門施設として互いに連携して、臨床研究フォーラムの開催やがん専門医の養成をはじめ、情報発信や政策提言などの活動を通して、がん医療の向上を図っています。加盟医療機関の調査データです。