がん医療専門機関
がんと向き合う
ホーム>がんと向き合う>がん医療専門機関

 栃木県のがん診療体制については、保健医療計画(6期計画)のがん医療について、(1)予防する機能、(2)専門診療医療機関、(3)標準的診療医療機関、(4)在宅療養を支援する機能に分類され、それぞれ具体的な医療機関、施設名が明記されています。一方、国は厚生労働省健康局長通知(平成18年2月1日)にて、がん医療の地域格差の是正、がん医療の均てん化(全国どこでもがんの標準的な専門医療を受けられるよう、医療技術等の格差の是正を図ること)のために2次医療圏に一施設を目標に“がん診療連携拠点病院”制度を立ち上げました。2016年4月現在全国でがん診療連携拠点病院399箇所、特定領域がん診療連携拠点病院1箇所、地域がん診療病院28箇所の医療機関が指定を受けています。このがん診療連携拠点病院制度は、都道府県ごとのブロック制を敷き、2次医療圏単位の「地域がん診療連携拠点病院」と都道府県ごとのまとめ役を担う「都道府県がん診療連携拠点病院」からなります。このがん診療連携拠点病院がまとまってがん医療を推進してゆくために各県ごとにがん診療連携協議会を立ち上げることが求められていますが、栃木県では2007年7月9日第1回栃木県がん診療連携協議会を開催しました。栃木県では、がん診療連携拠点病院のみに限定せず、地域の中核医療機関にも参加を求め、2016年4月現在18の医療機関や、栃木県病院協会、栃木県医師会、栃木県歯科医師会、栃木県看護協会、栃木県薬剤師会、栃木県保健福祉部が参加しています。がん診療連携協議会では、(1) 地域におけるがん診療連携体制に関する事項、(2) 院内がん登録に関する事項、(3) がん診療に係る研修計画及び診療支援に関する事項、(4) がん診療に係る相談支援に関する事項、(5) その他がん診療連携に関する事項を協議しています。

国指定のがん診療連携拠点病院等

  1. 栃木県立がんセンタ-
  2. 済生会宇都宮病院
  3. 上都賀総合病院
  4. 自治医科大学附属病院
  5. 獨協医科大学病院
  6. 佐野厚生総合病院
  7. 那須赤十字病院
  8. 芳賀赤十字病院

栃木県がん診療連携拠点指定病院

  1. 足利赤十字病院

栃木県がん治療中核病院

  1. 国際医療福祉大学病院
  2. 国際医療福祉大学塩谷病院
  3. 国立病院機構栃木医療センター
  4. 国立病院機構宇都宮病院
  5. とちぎメディカルセンターしもつが
  6. 新小山市民病院
  7. 小金井中央病院
  8. 菅間記念病院
  9. 獨協医科大学日光医療センター

とちぎ医療情報ネット

  とちぎ医療情報ネットは、病院・診療所・歯科診療所・薬局等を選ぶために皆様に役立つ情報を提供するためのシステムです。
  • 対応することができる在宅医療
  • 麻薬の取扱いが可能な薬局の一覧
 市町別に記載されていますので、まずはお住まいを選び、業務内容「麻薬に係る調剤の実施の可否」を選んで、入ってください。

その他の情報

  1. 栃木県医師会
  2. 栃木県歯科医師会
  3. 栃木県看護協会
  4. 栃木県薬剤師会
  5. 栃木県診療放射線技師会
  6. 栃木県臨床検査技師会

県内の医療機関の情報一覧

全国のがん診療連携拠点病院の情報